Q&A 導入編

ケニックシステムでは何をしているのですか?

1998年から一貫してLCDコントローラの開発をし続けています。 すでに御採用の裾野は広く、産業機器に広くご活用いただいています。 LCDコントローラの供給だけであれば大手半導体メーカーにもできますが、 弊社では液晶関連をはじめて御採用のお客様に対する技術指導や、タッチパネルコントローラのご提案、 LEDバックライト用DCDCコンバータのご提案、ファームソフトのソースリスト提供など、 液晶周辺も含めた広範囲なお手伝いをさせて頂いており、安心して最後まで開発を進めて頂けます。 得意なアナログ技術や電力転送技術を生かして一部OEM設計も行っています。

ケニックシステムのLCDコントローラは他社のものとどこがどう違うのですか?

① 内部構造は一部または全部がFPGAになっています。ASICではありません。

<メリット>
② 液晶が生産中止になっても、代替の液晶用にカスタマイズが可能です。
③ 本製品のFPGAそのものが生産中心になっても最悪基板の改版のみで、お客様の作成したソフトの変更は発生しません。
④ お客様の特注を気軽にお受けできます。ASICですとほぼ不可能です。
⑤ 製品単価に関しても、数百~年間数千までのお客様では専用IC等と互角の価格提示が可能です。
⑥ マニュアルはやさしく理解して頂くことに最大限努力を惜しんでいません。その意味では無駄な人件費の削減にも貢献しています。
⑦スタータキットの存在も理解を助ける最大のツールになると思います。

<デメリット>
⑧ ロットが非常に多い場合の製品単価はASICに比べて高いです。28nm世代になればそれも解消すると思いますので近い将来にご期待下さい。
⑨ ロジックを大きく消費するような複雑な機能(例えば画像の拡大・縮小演算やレンダリング機能など)を搭載することは出来ません。

どんな採用実績がありますか?

あらゆる産業機器に御採用の実績があります。 機密保持の関係から詳細は述べられませんが、御採用の多い分野は医療機器メーカー様、 船舶機器メーカー様、電源機器メーカー様、放送器材メーカー様、計測機器メーカー様、 バイオ関連メーカー様、精米器メーカー様、掘削装置メーカー様、大手研究所様の新製品開発等です。

採用して効果が高かった実例などを示して下さい。

頂いたご意見などを参考に、いくつか列記してみます。

① 開発が非常に楽だった。スタータキットが役立った。
② 医療機器は長期安定供給する責任があるので安心して採用した。
③ はじめて液晶を採用するので技術的サポートが必要だった。
④ 日本メーカーのモノクロ液晶を使った製品を何十機種も横展開していたのに、その液晶が生産中止になってTFTに変わったとき、何もせずにTFTに変更できたので感謝している。ケニックシステムを使っていて本当に救われた。
⑤ キャラクタ液晶でHMIを実現していた装置をコストアップ覚悟でカラー液晶(3.5インチ)で表示をしたところ売り上げが2倍になった。
⑥ 画期的な新製品を考案したが、当初販売個数が掴めないので完成品のCPUボードごと採用して初期開発コストを抑えた。
⑦ 液晶の世界を勉強したかった為、とりあえずスタータキットだけを購入した。
⑧ 画面設計も含めて外注できるところを探していたのでちょうど良かった。

このような感じですが、全体的には安心して頂く目的でのご利用が多いと感じます。

どうやって画面設計するのですか?

<マイコンバス直結型の製品:Standard>
お客様のマイコンから見ますと、ローカルバスのにフレームバッファが整然と並んでいるという構成ですので、 メモリに書き込むイメージで点が打てます。

この点を描画する関数を用いて直線やBOXを描く関数群や、漢字をそのままprintfで書き込む関数を準備したりするのですが、弊社のスタータキットには、これらの関数群をソースリストで提供しています。 もちろんライセンスフリーです。このようにして画面設計をされた場合、お絵かきソフトのような便利なツールで描画するよりも手間は掛かりますが、きめ細かい表示やデザインの自由度が大幅にアップします。そして、複雑な絵になればなるほど逆にお絵かきソフトよりも遙かに便利と感じることができるでしょう。

折れ線グラフや棒グラフ、アニメーションなどもソフト次第です。ちなみに写真のような画像表示の場合は、フルカラービットマップ画像を作成して頂いて、 それを弊社フォーマットに自動変換するツールを無償でダウンロードできます。下記をご活用ください。
ツール・ソフトのダウンロードページへ

<マイコンバス直結型の製品:Fast>
Fastのロゴがついた製品は、上記のStandardと描画方法は全く同じです。 ただ、フラッシュROMに記憶している画像の表示や直線描画などをCPUを介在させずにLCDCのチップがダイレクトに描画する機能が備わっているので非常に高速な描画ができます。簡易動画や超高速図形描画などに用います。 この機能を我が社では「タイニーアクセラレータ」または「プチアクセラレータ」と呼んでいます。

<シリアル接続の製品:Smart>
Smartのロゴがついた製品は、お客様のマイコンのシリアルインターフェースと接続して頂いて、命令を発することで描画を行うことができます。シリアルインターフェース経由で描画できる端末がすでに市販されていると思いますが、それをわずかワンチップで構成しています。マニュアルに従って、命令を発するだけで描画か可能です。 ハードウエアの設計も非常に簡単ですし、お客様の量産のご相談にものります。

液晶ごとにLCDコントローラが変わるのですか?

基本的にはその通りです。

理由は、たくさんの液晶に対応しようとすると、非常に多くのレジスタを準備して液晶のマニュアルを読み込んで設計者が設定値を探すことになるのですが、この作業が想像以上に大変です。液晶の仕様変更のたびに忘れ去ってしまったコントローラの機能について、再度マニュアルとの格闘をしなければなりません。弊社ではピンポイントで必ず動作する液晶候補を限定して製品作成を行っています。

詳細はお問い合わせ下さい。また弊社では内部構造がFPGAであるメリットを生かして、特注対応にも積極的に取り組んでいます。これらのことは、失敗のない開発をお約束できる、ということに繋がります。

価格は?調達方法は?

サンプル価格はすべての製品を1個から出荷いたします。量産価格につきましては弊社代理店にお問い合わせください。各コントローラはスタータキットも充実しています。

スタータキットに搭載されている部品を一部購入できませんか?

部品単体でも購入可能です。例えば、一番ご依頼が多いのは「33ピンのフレキシブルケーブル」です。理由は製作ロットが3,000個からとなっているからです。

他にも液晶まわりの部品は生産ロットが異常に多い部品が多数ありますので、それらの一部を部品単体として販売しています。

これらもお気軽に問い合わせ頂ければと思います。

タッチパネルを使う場合、何か良い化粧パネルは有りませんか?

5.7インチ用、4.3インチ用、と3.5インチ用を準備しておりますのでご活用下さい。

タッチパネルが無い場合は板金に穴をあけてアクリルパネル等で覆うだけで済みますが、タッチパネルがつくと板金等の角穴のエッジ処理が厄介です。そのような場合は弊社のアルミ製フロントパネルがお使い頂けます。試作数量の場合に重宝して頂いています。